クレンジングでも乾燥肌対策をしよう【肌ケアで肌質改革】

顔

肌の水分不足を防ぐために

化粧水

紫外線から肌を守る

乾燥肌の人の中には、メイクをしない方が肌に良いからと、メイクをしない人も多くいます。しかし、紫外線の影響を考えると、肌を守るためにも、ファンデーションや日焼け止めクリームは必要です。乾燥肌の場合は、肌に水分が不足しています。そのため、ハリを感じられなかったり、ファンデーションのノリがよくないと感じる人も多くいます。そういった場合は、パサつきを防げるリキッドファンデーションを使うことをおすすめします。また、季節によって紫外線の量が違うため、季節にあったファンデーションを選ぶことも大切です。また、日焼け止めクリームも、UV機能の高いものは石鹸だけでは落ちにくいです。ミルクタイプのクレンジングを優しく肌になじませて、ふき取ってあげると、肌への負担がぐっと少なくなります。

顔は洗いすぎないように

フランス人は水で顔を洗いません。これは、水道水の質が日本とは違うため、少しでも肌と水道水の接触を避けるためです。そのため、メイクをした後のクレンジングも拭きとりだけで終わったり、メイクが濃くない場合は、化粧水でふき取るだけでクレンジングを終わらせる人もいます。日本は、世界でも水道水の品質が良い方です。また、清潔好きな人が多いため、一日に何度も顔を洗う人がほとんどです。しかし、洗いすぎてしまった為に、余分な油分や水分がなくなってしまい、それが乾燥肌の原因になってしまうことがあります。そういった場合は、洗顔の回数を減らすことにより、乾燥肌を予防できます。夜は拭き取るタイプのクレンジングでしっかりメイクを拭きとり、朝はぬるま湯の洗顔だけですませます。こうすることで、余分な油分や水分を落とさずに、肌の乾燥を防ぐことができるのです。いまやクレンジングといっても様々な商品が展開されているので、配合成分なども見ながら購入しましょう。

冬になると多い肌トラブル

顔の手入れ

冬になると、乾燥肌に悩む方が多くいます。乾燥肌になる理由は、外気の気温や湿度の低下で肌の皮脂や水分が少なくなるからです。冬の乾燥肌対策として大切なのは、洗顔時に良く洗顔料を泡立てて優しく洗うことです。また、入浴後にすぐに保湿ケアすることも大事です。

View Detail

保湿をしっかりしよう

化粧水

敏感肌のスキンケアは、成分にもこだわっている敏感肌用の基礎化粧品を選ぶということが必須です。ここ数年の間に、成分を気にする人が増えてきたため、今後乾燥肌用のスキンケア用品にも良質な成分を使用した商品が増えてくるでしょう。

View Detail

カサカサ肌にさようなら

フェイス

乾燥肌の人にも健康肌の人にも保湿効果のある化粧水は必要です。しかし乾燥肌の人の場合には、それに加えて肌に与える刺激の少ないことが化粧水の条件として挙げられます。ユリやローズなど天然の植物から抽出された保湿・美白成分を使った化粧水が特におすすめです。

View Detail